きれいのかけら

きれいのかけら

管理栄養士 林佳奈

Recent Posts

7/6(金)ナチュラルビューティースタイル展@名古屋タカシマヤにて登壇します

7/6(金)ナチュラルビューティースタイル展@名古屋タカシマヤにて登壇します

7月6日(金)11時~名古屋タカシマヤで開催されるナチュラルビューティースタイル展にて 日 […]

おデブの実態…

おデブの実態…

ある企画のために体脂肪を増やしています。 カロリー、糖質のことを考えずに食事をし、積極的に […]

食事改善しても体調がよくならない、痩せないという方は

食事改善しても体調がよくならない、痩せないという方は

LINE@を始めました。

美容やダイエットに関するここだけの情報や、イベント・サービスの先行案内をいたします。

良かったらお友だちになってくださいね。

一晩で150名ほどの方に登録していただきました。ありがとうございます!

200名登録記念に何かしようと思っています♡

友だち追加

 

疲れやすい、冷え症、太りやすい(痩せにくい)といった「エネルギー代謝が悪い人」で

食事改善をしてもなかなかよくならない人。

「運動もしなきゃいけないでしょうか?」と聞かれます。

もちろん運動をすると血流も良くなるし、ボディラインも変わり、ホルモンへの影響など計り知れないメリットはありますが…

もし運動をしたとしてその運動の効果も底上げする、運動よりもっと楽な(笑)やってみて欲しい方法があります。

 

それは「深い呼吸をすること」です。

ざっくりいうと栄養素 + 酸素 ⇒ 燃焼  ⇒ エネルギーがうまれる ので、酸素不足では代謝が下がります。

猫背で呼吸が浅い人、ストレスが多く気づけば浅い呼吸になっている人は日常的に深い呼吸をするよう心がけてください。

エネルギーいっぱいで元気に!体温も上がり、食べたもののエネルギーを使い切れる太りづらい体になります。

私たちは1日に2万回呼吸をしているそうですから、寝ている間はコントロールできないにしても

呼吸を変えることの影響力は大きいでしょう。

 

ストレス過多な人は交感神経優位となり末梢の血管が縮こまってしまうため、手先足先が冷えます。

毎日忙しく働いている人、ストレスや緊張を感じた時は特に息をしっかり吐くことを心がけてみて。

息を吐くと副交感神経にスイッチが入り、末梢の血流が良くなって手足がポカポカしてきます。

イライラカリカリしたら深呼吸で身体を緩めましょう。しだいに心も緩んできます。

 

呼吸はエネルギー代謝を高めるだけでなく、自律神経を整え、マインドコントロールにも役立つんですね。

日常的に呼吸を深くするようこころがけること。(姿勢を正すこともセットですね~)

運動を頑張る前に実践してみてください。

負担なくできる割には健康・ダイエット効果が高いですよ♡

あなたは『美人体温』を保っていますか?

あなたは『美人体温』を保っていますか?

冷え性にお悩みの女性も多いのではないでしょうか? 体温が低い状態ではウイルスや細菌を退治す […]

PMS、不妊…ホルモンバランスを整える食事とくらし

PMS、不妊…ホルモンバランスを整える食事とくらし

月経前になるとからだやメンタルの調子が崩れる 月経前は食欲が暴走して1ヶ月間のダイエットが […]

美人になるためにまず実践したいこと5つ

美人になるためにまず実践したいこと5つ

美容欲が一層もりあがる春。これって私だけでしょうか?

街を歩けば花のような色の洋服がブティックに並び、コスメも心がときめくカラーがどんどん発売されます。

美容欲を刺激されるきっかけがあるのはよきこと♡

今すぐ美人になるアクションを実行。気分よくきれいへの階段をのぼりはじめしょう。

 

美人になるためにするといい事とは?

自分の(美容的)美点を磨くためにしたいことは人それぞれ。

自分に合ったメイクアップ法、似合う色を見つける、ウエストを引き締める、ネイルケアをする、などなど。

でもこれを実践すれば美人の基盤が整う!というアクションってあります。

何からすれば?という方はまずはここから初めてみましょう。

 

美人になるためにまず実践したい事

1.基礎調味料さしすせそ を質の良いものを買う
さ:酒、し:塩、す:酢、せ:醤油、そ:味噌 は
無添加で昔ながらの製法でつくったものを購入または自作しましょう。
これで作った食事はだいたい美味しくなります。笑
味覚が研ぎ澄まされてジャンキーな食べ物より自然な味を美味しく感じるようになります。

2.食事は主食、主菜、副菜とそろえる
栄養バランスが整いやすい。食事の満足感が高まる。などの理由から
食べ過ぎも防げるようになり、スリムな体を保てます。

3.早寝早起き
できれば7時間は眠りたいですね。
寝すぎてしまっても、翌日起きる時間は一定にすると体のリズムが整いやすい。

4.姿勢をよく
毎日有酸素運動、ジムに通うなどしなくても正しい筋肉が鍛えられ、基礎代謝が上がります。
立ち振る舞いも美しく、印象美人になります。

5.できるだけ笑顔でいる
笑顔でいるとあなたの周りに居る人が穏やかな気持ちになるばかりでなく
自分のメンタルや健康にもいい効果があります。リフトアップ効果も!

 

以上5つ。基本的なことですが、これに尽きます。そしてなかなか続かないですよね。笑

これが当たり前になる頃にはエネルギー溢れる美人になっていることでしょう。

春は新しいことを始めるにはいい季節。

ぜひこれを3週間意識して実践してみてください。3週間続くと習慣化しやすいですよ。

 

楽しみながら、一緒にきれいになっていきましょう♡

タラサ志摩ホテル&リゾート 春の糖質コントロールメニュー♡

タラサ志摩ホテル&リゾート 春の糖質コントロールメニュー♡

三重県鳥羽市の高級リゾートホテル「タラサ志摩ホテル&リゾート」で提供されている 栄養マニア […]

からだに優しい生理用ナプキンのお話

からだに優しい生理用ナプキンのお話

皮膚への負担や経皮吸収の害を考えて、肌に触れるものもなるべくナチュラルなものを と考えてい […]

ガン治療の本質は〇〇を変えること

ガン治療の本質は〇〇を変えること

先日、日本ホリスティック医学協会中部支部のイベントに参加しました。

「がんのホリスティックアプローチ会」というテーマで、ご活躍の先生方のお話を聴いた後に

参加者の皆さん(医療者やセラピスト)とグループディスカッションをしました。

とても学びのある時間だったので、一部をシェアしたいと思います。

 

まずは普段私が栄養指導をしている高橋ファミリークリニックの高橋信雄院長より、糖尿病とガンの関連性について。

糖尿病にかかると大腸ガン・肝臓ガン・膵臓ガンのリスクが上昇。

血糖値が上がると膵臓から出る「インスリン」がガンのエサである糖を細胞に入れるはたらきを持つため

糖質を制限してケトン体をエネルギー源とするケトン食を推奨する、という話など。

クリニックにもガンを患う患者さんがみえますので、西洋医学的なものから統合医療まであらゆる方法をご案内している高橋院長ですが

「何より大切なのは生きて、実現したい事は何か?を考えることだよ。」いつもそう言っています。

 

そしてお次のスピーカーは、船戸クリニック院長の船戸崇史先生。

船戸先生は最近、「がん予防滞在型リトリート リボーン洞戸」を創設されました。

先生自身も腎臓ガンをお持ちだったのですが、先生の口から出る言葉の明るさや勇気づけるような温かいお言葉には心への説得力があります。

 

ガンは低酸素、低体温、高血糖を好む。それを煽るのが

・ガンの好きな食生活(高糖質、加工肉、食品添加物、農薬など)

・冷えのある生活

・運動しない生活

・笑顔のない生活

・寝不足生活

・嗜好品(タバコなど)、感染症(ピロリ菌や肝炎など)

といった要素。

「ガンは心の変革が本質」

ガンは生活習慣病だと言われますが「その生活習慣になった根本には 心 がある」という船戸先生のお言葉には目からうろこが落ちました。

 

 

最後は、自然療法サロンみちあかり代表 住田まり子先生のお話。

ちなみに私は定期的に住田先生にボディケアをしていただいてます。

さっぱりカラッと明るくて優しくて、いろんなお話を聞かせてくれる、大好きな先生♪

マッサージやエネルギーヒーリングで、原因不明だった私の左脚のリンパ浮腫は劇的に改善!ゴットハンドの持ち主です。

 

肝臓ガンで亡くなられた実のお父様を症例に「人はなぜガンになるのか?」を住田先生の切り口でお話くださいました。

腕のいい左官だったお父様。

主治医の「もう仕事には戻れないよ」の一言を聞いてからみるみるうちに体調を悪くされたそうです…。

やはり住田先生のご意見も

「生命欲は生命力になる」「自分のための生きたい、やりたいで心をイキイキとさせることが大切」

といった心・魂の在り方の重要性を説かれていました。

患者さんの病状、症状は?体質・体力は?生活習慣・環境(物理的にも、そして家族関係も)は?その人の病のものがたりは?

病気をみるのではなく、患者さんという一人の人間・生き方をまるごとみることで

病気から魂のwant to~を見つけて身体へのアプローチ法を決定して施術する。気づきを与える。

住田先生の腕前はこんな視点があるからなんだな~。

 

ケリーターナー著「ガンが自然に治る生き方」にもこう書かれています。

自然治癒力をオンにするために

1.抜本的に食事を変える
2.治療法は自分で決める
3.直観に従う
4.ハーブとサプリメントの力を借りる
5.抑圧された感情を解き放つ
6.より前向きに生きる
7.周囲の人の支えを受け入れる
8.自分の魂と深くつながる
9.「どうしても生きたい理由」を持つ


がんが自然に治る生き方――余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと

100点満点を目指さなくてもいい。(我慢、頑張る、頑固の3Gはガンになりやすい気質だそうです)

自身を大切に、人の助けを借りながら感謝して生きる。前向きに、自分の生きたいように生きることが

ガンなどの病気を予防し、罹っても自然治癒力を最大限に引き出す生き方なのですね。

最後のグループディスカッション『ガンの原因は何か?』でも

患者さんに気づきや癒しを与えられるような医療者としての在り方、声かけの仕方。

またネットワーク作りの大切さなどを、あらためて考えさせられました。

これからもホリスティックな視点で人の病=生き方を見ることができる医療者でありたいと思えましたし

自身の身体との向き合い方を見直す良いきっかけになる有意義な時間でした。

無理なく食べ過ぎを防ぐ方法

無理なく食べ過ぎを防ぐ方法

年末年始で体脂肪が増えてしまった方もいるかもしれませんが、1ヶ月でまた順調に減ってきました […]