カテゴリー

最近のコメント

    きれいのかけら

    きれいのかけら

    管理栄養士 林佳奈

    Recent Posts

    疲れやすい鉄欠乏女子=テケジョでも実践できる食事法

    疲れやすい鉄欠乏女子=テケジョでも実践できる食事法

    金曜日は、埼玉県川越にて食事栄養療法倶楽部の講演でした。 この日は奥平智之先生の11/11 […]

    「鉄欠乏女子=テケジョ」を救え!

    「鉄欠乏女子=テケジョ」を救え!

    昨日は食事栄養倶楽部IN名古屋で勉強してきました。 大変学びの多い時間となりましたので皆さ […]

    FreestyleリブレProで血糖値を測ってみた②

    FreestyleリブレProで血糖値を測ってみた②

    リブレが9月から糖尿病インスリン患者さんで保険適応になりました。

    患者さんたちは血糖管理が楽になってよかったですよね。

    私もリブレを使ってみたので結果を書く!といいつつ、はや4か月ほど経ちました。笑

    やっと書きます。 前回の記事はこちら

    ※  私は糖尿病ではないことを踏まえたうえで読んでください。血糖変動には個人差があります。

     

    私がリブレproを使って知りたかったことは

    ・食べ物や生活により変化する自分の血糖値パターン

    ・夜間に低血糖となっていないか

    でした。

     

    ちなみに血糖値はスキャンすれば120mg/dl、など細かくわかりますが

    サマリーで印刷した週間の結果では血糖値のざっくりした推移しかわかりません。

    目安として80以下:低血糖ぎみ 〜 140以上:高め血糖 の間に灰色で印がついているだけ。

    (最低値~最高値は使用者に合わせて変更可能)

     

    食べ方により血糖値が変化する

    今回、「とびきりモスバーガー・オニオンフライ・ブラックコーヒー」を食べて

    3パターンで血糖値を測定する実験をしました。

    糖質量:62.6g(707kcal タンパク質23.7g 脂質38.3g)

     

    ①21:00~モス食べる → 21:30~歩く

     

    ②20:45~モス食べる → カロリミット飲んでじっとしている

    カロリミット、ダイエッターの中には藁をもすがる思いで試してみたことがある人も多いのでは?

    ギムネマ、桑の葉、インゲン豆エキスで糖質オフ効果があるはずですが…

     

    ③20:33~モス食べる → じっとしている

     

    カロリミット飲むより、食後に歩いたほうが血糖値上がらない。

    一日の過ごし方(運動した日は血糖値が上がりにくいかも?)や体調(ストレスや月経周期)により

    血糖値の上がり方に変化はあると思いますが。

     

    血糖値の変化と睡眠

    この日は朝食を食べずに午前中お仕事 → 14:00に食事

    ・パン100g
    ・ツナ、ベビーリーフ、水菜のサラダ(グリーンナッツオイル、レモン汁、塩こしょう)
    ・プルーン2つ
    ・ヨーグルト、バナナ1本、クコの実

    推定糖質量:72.2g(501kcal  タンパク質24g  脂質10.9g)

     

    食べたあと、ちょうど血糖値が下がっている時間に寝落ちしていました。笑

     

    夕食にお酒を飲んだ翌朝早く、血糖値が下がり寝汗をかいて起きたとき。

    飢餓感&寝ぼけていてチーズケーキを食べてしまった…!

    推定糖質量:19g(360kcal?)

     

    私は「夜遅くに糖質の多いものを食べる」、「お酒を飲んだ」

    日の夜中に、特に低血糖気味になりやすいことがわかりました。

    ビタミンB群が足りていませんかね…

    これでも昔よりはだいぶマシ(覚醒頻度や夜中に食べてしまう量)になりましたが。

     

    ちなみに、タリーズのチョコチャンククッキーとコーヒーを食べてからの2時間以内の血糖値変動。

    推定糖質量:30g(265kcal)

     

    落差が〜〜〜。

    この日の夜ご飯は量を控えめにしたのもあり、夜間に低血糖気味になっていましたとさ。

    (寝汗かいて起きた)

     

    あと、空腹のまま講演をしたはずなのにアドレナリンで血糖値が上がっていたのにも驚きました。

     

    特徴的だったのはこんなところかな。

    グラフがざっくりなため血糖値の数字がおおまかにしかわからないのはもどかしいですが

    変動のだいたいの傾向を把握するのには大変良いグッズですね。

    人によってはつけていることで食べてはいけない、とプレッシャー=ストレスを感じてしまうかもしれないけれど‥

    良い経験をできました。

    これを糖尿病患者さんへの栄養指導にも役立てていきたいです。

    ◯◯◯◯◯を摂ってエネルギッシュにダイエット

    ◯◯◯◯◯を摂ってエネルギッシュにダイエット

    糖質をエネルギーに変える時に活躍し、疲労回復にも役立つ栄養素、ビタミンB1。 足りないまま […]

    これはやみつき…桃モッツァレラを作った

    これはやみつき…桃モッツァレラを作った

    数年前からメディアで噂の、桃モッツァレラ。 桃はそのまま食べるのが一番美味しいのでは?と思 […]

    FreestyleリブレProで血糖値を測ってみた①

    FreestyleリブレProで血糖値を測ってみた①

    少し前…4月末の話になりますが

    勤め先が糖尿病クリニックのため

    連続頻回血糖測定器である「FreeStyleリブレPro」を体験することができました。

     

    糖尿病患者が月1回のHbA1cを把握するだけでは不十分?

    糖尿病の血糖コントロールを評価するためには月1~数ヶ月に1回血液検査で「HbA1c(%)」を測って

    この1~2ヶ月間理想的な血糖値でいられたかをみます。

     

    HbA1cでは1~2ヶ月間の平均血糖がわかるのですが

    1日のうちで大きな血糖変動があるかどうかはわからない。

    低血糖も高血糖も血管にダメージをあたえ、糖尿病合併症や心筋梗塞が起こるリスクを高めます。

    平均血糖だけでなく、1日の血糖変動…

    「グルコーススパイクが起こっていないか?」まで見ることが出来たほうがいいのです。

    朝や夕食前に低血糖、3食の食後は高血糖…という患者さんと

    一日の中での血糖変動はゆる〜〜い3つの山がある感じの患者さんの

    HbA1c=平均血糖値は同じくらいだったりするんですよね。

    明らかに前者の患者さんの血管の方がボロボロであっても…。

     

    でも1日のうちに何度も血糖自己測定(SMGB)をするのは大変。

    患者さんは指に針を何回も刺して痛い思いをしないと、今の自分の血糖値がわからなかったのです。

     

    CGMとFGM

    数年前から「CGM(持続血糖測定 Continuous Glucose Monitoring)」と言われるシステムが

    糖尿病治療に取り入れられるようになりました。

    これはお腹にセンサーのハリを刺して機械を設置し、5分に1回自動的に血糖値を測ってくれるものです。

    機械が数日分を記憶してくれて、一日の血糖変動を把握できます。

    機械は1台数十万~100万するとか?

    詳細はこちらのサイトで見てみてください

     

    この血糖をもとに安心・安全にインスリン投与ができる

    SAP(Sensor Augmented Pump)療法というものも、糖尿病治療に革命を起こしました。

     

    で、2016年の冬にまた画期的なシステム「FGM(Flash Glucose Monitoring)」が日本でも発売されました。

    「FreeStyleリブレPro(患者さん持ち出し、医療者用)」と「FreeStyleリブレ(個人購入、患者用)」です。

    こちらのサイトを参照に

    これは二の腕の裏側にセンサーのハリを刺して機械を設置し

    15分ごとに機械が自動的に血糖値を測ってくれます。

     

    ■リブレProの方は、医療者が患者さんにセンサーの機械を付けてあげて

    最大で14日分の血糖値を機械に記録させ、

    来院してもらって記録を紙に打ち出して、患者さんと医療者でチェックして治療に役立てます。

    医療者のところに来てリーダーで測ってもらわないと血糖値がわかりません。CGMみたいな使い方ですね。

    ■リブレの方は、患者さんに自分の分のリーダーも購入してもらうので

    患者さんは血糖値をリアルタイムで測ることができます。

     

    ただ2017年7月、これが糖尿病患者さんでも保険適応になるという話は表ざたにはなっていません。

    自費でリーダー7,000円ちょっと、センサー2週間分で7,000円ちょっとの支出は

    患者さんにとってけっこう負担です。

     

    CGMやFGMをするとあるいいこと

    ・自己血糖測定を頻繁に行わなくてすむ
    ・1日の血糖変動・傾向がわかる
    ・低血糖のパターンを把握できる
    ・事故血糖測定できない、深夜の血糖値(無自覚低血糖など)がわかる
    ・患者さんにとって気付きが多く、行動変容につながる
    ・医療者側としては、患者さんの食事・生活習慣がわかる
    ・投薬の効果がわかる
    ・ドクターは、結果をもとに治療方針が立てられる

     

    私は「FreeStyleリブレPro」を試しました

    私は2週間、「FreeStyleリブレPro(患者さん持ち出し、医療者用)」の方を体験することができました。

    目的は主に2つ。

    「食べるものや行動によって、自分の血糖値がどの程度変動しているのか見たい」

    「夜間低血糖が起こっている自覚があったため、傾向と対策を考えたい」

     

    500円玉くらいのセンサーを二の腕につけます。

    センサーに針が付いていて、看護師さんにつけてもらいましたが、付けるときは全く痛くなかったです。

    ずっとセンサーはつけっぱなしお風呂もOK。

    私は春先に試したのですが、夏は汗でセンサーが取れやすかったり、かぶれやすくなったりするのかも。

     

    長くなったので、結果はまた次に。

    私がコーヒー依存症から抜けた話

    私がコーヒー依存症から抜けた話

    私は学びのため、そして健康管理のために色々な食事療法を試してきました。 糖質コントロール、 […]

    今夜もぐっすり。心地よい眠りにつける睡眠環境とは?

    今夜もぐっすり。心地よい眠りにつける睡眠環境とは?

    一投目が食のことでなくてごめんなさい!笑   毎晩暑い夜が続くので、眠りが浅くな […]

    きれいのかけらブログを移行中です

    きれいのかけらブログを移行中です

    こんにちは。管理栄養士の林佳奈です。

    ブログを新しくしました。

    キレイになるための食べ方のコツなどを書いていこうと思います。

    宜しくお願いいたします。

    以前のblog きれいのかけら