ひよこ豆味噌作りのセミナーに参加した♡

ひよこ豆味噌作りのセミナーに参加した♡

今日はFood Doctor Yuka こと関 由佳先生と、
歯科医師であり栄養療法研究家の、久野 淳先生
手作りお味噌教室に参加させていただきました。

お味噌はとても栄養価の高い発酵食品。
大豆などのお豆に含まれるタンパク質は
菌によりアミノ酸に分解されているので消化が良く、
ビタミン・ミネラル・食物繊維に加えて発酵途中に生成された
抗酸化物質のメラノイジンが含まれます。
日本が誇るスーパーフードなんです♡

今回は有機ひよこ豆を使っての味噌作り。
マルカワ味噌の自然栽培の玄米麹
ミネラルたっぷりなゲランドの細粒のお塩。
このたった3つの材料でひよこ豆味噌ができます!


ひよこ豆を浸水させ茹でてから、ジップロックなど分厚い保存袋に入れ
コップの底や指やゲンコツでひよこ豆を潰します。
麹と塩を合わせたものを、ひよこ豆と一緒に手で混ぜます。
お手手の常在菌をタネにフュージョンさせるのです!
(小さい子どもにも混ぜるのを手伝ってもらうと、菌の質がよくなるそうです。)
するとお味噌の赤ちゃんが完成♡

煮沸したガラス瓶などの容器に入れて1年以上熟成させます。
熟成させる時は、ちゃんと定期的にカビていないか?
様子はどうか?気にかけてあげることが大切なんですって。
忘れたまま放置すると菌が拗ねてカビやすくなる、と。
かまちょの菌ちゃん可愛いですね。笑

最後は由佳先生作のお味噌を使った無農薬野菜入りお味噌汁と
久野先生が握ってくれた玄米おにぎりに
5種のお味噌をつけていただきました♡

(久野先生がSNSにお写真を載せてみえたので、由佳先生セレクトは貴重な情報ですが詳しくお書きしますね)

・2年前の手作りひよこ豆…1年前よりコクがある。
・1年前の手作りひよこ豆…2年ものより色が薄い。メラノイジンの量の違い。
阿波屋 五年熟成味噌…パンチすごい!長期間熟成させると乳酸菌が増えて酸味が出る。
発芽玄米黒大豆味噌…やさしい甘さがある。
マルカワ味噌の日本…バランスが良くて食べやすい。

色々なお味噌の食べ比べが楽しかったです!

由佳先生からは味噌や発酵食品にまつわるお話だけでなく
未病予防において食の影響がいかに大きいかなど、
ご経験からの食に対する考え方もたくさん聴くことができて
そのお言葉ひとつひとつに心が震えました。

■食べる時は、自分との対話を忘れずに
「私は今、お腹が空いてる?」
食べるタイミングは時計でもなく、栄養士でもなく、自分のお腹に聴いてみるのが一番。
心地よい食べ物は、自分が一番良くわかるはず。

■選びたいのは「honestな(正直な)食べ物」
生産者や販売者、製造方法、原材料が正直であること。
選ぶ時や食べる時は、自分の気持ちや身体にも正直であること。

久野先生は終始、由佳先生を立てて全力サポートに回られていましたが
念入りなご準備と運営、ご対応はきめ細やかで過ごしやすかったです。
出汁の取り方や、食材に関する解説も教えて下さいました!

ふるまっていただいたご飯も、先生方の愛情や菌wがたっぷりで
食べていてとてもしあわせだった。
ほんとうに魅力的な先生方!お二人に感謝です♡

一緒にお味噌作りをしてくれた素敵な参加者さんたちとも
自然と仲良くなれて、心・体・魂までHAPPYになれる時間でした♡

お味噌作りって敷居が高いイメージがあると思いますが
やってみるときっと簡単でびっくりしますよ。
はじめはこういったセミナーで作ってみるといいと思います!

このみんなの常在菌がミックスした愛すべきひよこ豆味噌の赤ちゃん♡
来年まで可愛がろうと思います。