ダイエット中でも太らない♡居酒屋でのおつまみオーダー法

ダイエット中でも太らない♡居酒屋でのおつまみオーダー法

12月に入り、連日のように忘年会やパーティーがあってダイエットどころではない…なんて方もいるかもしれません。

ダイエッターさんにとって年末年始は勝負所、諦めずに乗り切りましょう。

 

今日は居酒屋でどんな事に気を付けておつまみをオーダーしたらいいか?についてお話します。

 

はじめにポイントをまとめて書くと

野菜や海藻系を中心に選び、タンパク質のおつまみは2〜3品。

揚げ物は食べても1種まで。

シメの炭水化物は基本は無し、食べてもお茶漬けかおにぎり1つ。

デザートは基本は無し、または1〜2口もらう♡

 

これを目安にしてみてください。スリムを維持しながら栄養バランスも整いますよ。

 

◼️野菜や海藻のおつまみ

もずく酢やお浸し、おつまみキャベツ、トマトスライス、大根サラダ、バーニャカウダ、枝豆などがオススメ。

サラダは基本的に良いのですが、外食店で使われるドレッシングは質があまり良くない為

私はドレッシングがあまりついていない部分に取り箸をのばします。笑

ポテトサラダは高糖質なので控えましょう。

 

◼️タンパク質のおつまみ

焼き鳥、砂肝焼き、おでん、刺身、煮魚、冷奴、鴨葱豆腐、だし巻き玉子など

シンプルな調理法なものがオススメ。

揚げ物や炒め物よりは生、蒸し物、煮物を優先して選びましょう。

 

◼️シメの炭水化物(主食)やデザート

シメにラーメンや焼うどん、チャーハンなどのガッツリした主食を摂るのは太る原因になります。

サラリとお茶漬けを食べるか、おにぎりを1つ程度ならOK。

デザートは「お腹いっぱいだから誰か一口ちょうだい」と言って可愛く自然に量を調節しましょう。笑

どうしても食べたい場合は、ケーキなど重いものよりはシャーベットや黒胡麻プリンなど軽めのメニューを選びましょう。

 

飲み会の頻度が少ないなら羽目を外しても大丈夫ですが

週に2回以上飲み会(含む外食)があるなら、ダイエット中は食事量の調整が必要です。

せっかく頑張って減らした体脂肪が増えて後から後悔しないように、マイルールを作っておきましょう。